2016年に約3年間の闘病生活の末に最の夫レネアンジェリル(享年73歳)を亡くしたセリーヌ・ディオン(49)だが、今でもそばにいると感じているそう。そのひとつとして、レネの手をかたどった製レプリカを楽屋に置いて、毎晩コンサートの前に握手して心を落ち着かせているようだ。

【写真を見る】3児の母であるセリーヌ。すっかり男前に成長した長男レネ!ほか奇抜なファッションもコチラ

コンサートのとき、生前のレネはいつも同じ場所に座ってずっと私を見守っていてくれた。それが私の心を落ち着かせてくれたし、コンサート事に行われている何よりの拠だったの。だから私は、今でも毎晩コンサートの前にレネと握手をして、コンサートの成功を祈るの」

「たとえの前にいなくても、毎日彼と話しているわ。彼に“私は大丈夫”ってことを明しないとね。子供たちも順調に育っているし、たくましくなったわ」とオーストラリアStellar誌にっている。

一時期はショックのあまりヤセや奇行が心配されたセリーヌだが、すっかりパワーを取り戻した様子。現在ラスベガスシーザーズ・パレスコンサート活動を行っているが、6月26日(火)に東京ドームで、約10年ぶりとなる来日演「Celine Dion Live 2018 in Japan」を開催することを発表した。その後は、シンガポール、ジャカルタオーストラリアなどアジア太平洋地域7都市で開催することも明らかになっており、3月50歳になるセリーヌが新たな一歩を踏み出したようだ。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

東京ドームにセリーヌの美声が響く!