平昌冬季五輪のスノーボード男子HP決勝で平野歩夢(19)が2大会連続の銀メダルを獲得した14日。平野の地元・新潟県村上市で行われたパブリックビューイング会場では、親戚や市民ら約250人が声援を送った。2回目に、次々と大技を披露し、4回転ジャンプの連続技を決めると、会場は狂喜乱舞した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

平野の滑りを見つめる市民ら=新潟県村上市で2018年2月14日、堀祐馬撮影