最後の最後に平野を逆転で2大会ぶり金メダルファン涙「超大作シナリオだ」

 平昌五輪は14日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、“カリスマショーン・ホワイト米国)が97.75点をマークし、2大会ぶり3度金メダルを獲得した。全体最終で登場した最終試技でトップだった平野歩夢木下グループ)を璧な演技で逆転し、涙の逆転Vを飾った。感動的なシーンに対し、メディアも「ショーン々を泣かせ続ける」などと速報し、ファンに「これは映画に決まっている」「超大作シナリオだ」「人生で一番泣き叫んだ」と涙を呼んでいる。

 だから「レジェンド」と呼ばれる。ホワイトはまさに王者にふさわしい技術と精で3個金メダルを獲得した。2本しく転倒し、迎えた3本95.25点をマークしていた平野えるにはミスは許されない。しかも、全体最終試技。にもかかわらず、31歳は璧なエアを炸裂させた。

 表示されたスコアは「97.75」――。最後の最後で掴み取った金メダル。その間、熱狂した会場の中で“カリスマ”のから涙がこぼれ落ちた。でも人気を誇るホワイトの劇的な逆転劇に対し、メディアも騒然となり、続々と速報している。

 五輪を中継するテレビ局NBCスポーツ」は公式ツイッターで「欠のカムバック」と速報した後、「感情のすべて」と歓喜に暮れるホワイトの姿を紹介。さらに続けて「ショーン々を泣かせ続ける」「私たちは泣いてないからな、泣いているのは君だからな!」と感情的につづり、感動を表現した。

ファンに続々反「感情的にならずにいられない」「史上最高が史上最高を更新

 これにはコメント欄でファンから続々と反を呼んでいる。

「皆、彼の努と情熱を知っている。感情的にならずにはいられない」
映画だ。これは映画に決まっている」
超大作シナリオだ」
「常人は経験しえない計り知れない重圧。そして、それを見事に乗り越えた人」
人生で一番泣き叫んだ」
「史上最高が、史上最高を更新

 前回ソチ大会は転倒し、メダルを逃した。でも絶大な人気を誇り、31歳となった英雄が2大会ぶりに果たした戴冠に感動が収まらない様子だった。

 平野との歴史的な死闘は、今大会屈の名シーンとなりそうだ。(THE ANSWER編集部)

金メダルを獲得したショーン・ホワイト【写真:Getty Images】