米国の第三者安全科学機関、UL Inc.(本社:イリノイ州ノーブルック、以下UL)の日本法人である株式会社UL Japan(本社:三重県伊勢、以下UL Japan)は、2018年2月28日)から3月2日)まで東京ビッグサイトで開催される「第9回 二次電池展~バッテリージャパン~」に出展します。

当社ブースでは、多様化する電池関連の新技術に対応する評価をはじめ、発電・蓄電システム全体および部品の安全性評価および認サポートなどのサービスを紹介します。また電池を基軸として構成される再生可エネルギー分野のインフラに関するサービスを紹介します。出展期間中、米国本社より、モーリス・H・ジョンソン(蓄電システムバッテリー・燃料電池システムおよびキャパシタを担当する事業開発マネージャー)が来日し、蓄電システムの安全規格と、大規模な燃焼試験を要する防火規定および設置基準に関するセミナーを実施予定です。また共に来日予定のスコットピコインバータ・系統連系 技術マネージャープログラムマネージャー)がお客様の海外展開のサポートをいたします。さらに、開発の現場からバッテリーの安全性研究、同部品・素材分野の最新動向とサービスに関するミニセミナーも開催いたします。ご多忙中とは存じますが、ぜひこの機会にご来場いただけますようお願い申し上げます。

■会期: 2018年2月28日)~3月2日) 10:00~18:00(最終日は17:00終了)
■会場: 東京ビッグサイト ■ブース番号: W9-6
■出展内容:
1. 電池・システムおよび材料: 用途別に多様化する採用技術、種別(モバイルバッテリーから大蓄電池システムまで)に合わせた安全性(電気、機)、性評価(EMC/線等)および検証、認、製品開発・法規制対応支援

2. インバータおよび系統連系: 米国欧州向け高度インバータの試験・認プログラムおよび系統連系要への対応支援

3. 電池材料化学メーカー等、電池材料のサプライヤー企業を対としたサービス
ž・Research & Innovation Solution: セパレーターや電解液など電池材料の開発支援的とした性試験および安全性評価 - ULのリサーチ部門の知見、設備を活用し、電池材料を基にセル作成やセルを使用した試験(例えば、ARC、IIISC、釘ざし試験など)も提供
・UL検証マークプログラム: 試験結果に基づき製品の性や特徴を第三者の立場から検証製品の特長を生かしたグロバル情報発信を可にし、お客様の営業・マーケティング活動をサポート
・X線CTなどを使用した高度な解析サービス: 非破壊観察によるセル内部の構造解析をサポート

4. サイバーセキュリティ: 同分野におけるULの活動の紹介(規格開発、認プログラムなど)

5. 発電および蓄電: 風車太陽光発電などの再生可エネルギー(機器本体や発電所)、ならびに、eモビリティ電気自動車電気自転車、eバイク/スクータードローンセルフ・バランシングスクーター/ボードなど)の評価・認、開発支援

■製品・技術セミナー:
開催日時: 2月28日) 13:40~14:40
会場:東京ビッグサイト 西1ホールC会場(予定)
タイトル: 「バッテリーを取り巻く環境 ~新たな安全基準、設置、防火規定がもたらす影~
講師: モーリス・H・ジョンソン (通訳付き)
概要: 蓄電システムの安全規格と、大規模な燃焼試験を要する防火規定および設置基準を中心にご紹介。市場要望を受け発行された、燃焼試験方法を規定する規格UL9540Aも解説。会場等詳細はこちらをご覧ください。

ミニセミナー :
11:00   ULのバッテリー安全性研究
13:30   IoT機器向けサイバーセキュリティ規格の紹介 (UL2900)
14:30   セパレーターに関する品質監プログラム概要
PVインバータ関連規格の動向
15:30   バッテリー安全規格の最新動向 (バッテリーのリユース、モバイルバッテリーなど)
電気用品安全法(PSE)対応について
※各回所要時間 5~10分の予定。ブース内で毎日開催。

■個別技術相談会(事前予約制):
開催日:3月2日) 1社1時間程度
会場: 有明フロンティアビルB棟9階(住所:東京都江東区有明3-7-26)東京ビッグサイトより徒歩3分
お申し込み方法: 社名、ご担当者名、連絡先、ご相談内容、ご希望の打合せ日時をご記入の上、UL Japan カスタマーサービスまでご連絡ください。詳細につきましては、弊社より折り返しご連絡させていただきます。
Email: customerservice.jp@ul.com

株式会社UL Japan概要
株式会社UL Japanは、世界的な第三者安全科学機関であるULの日本法人として、2003年に設立されました。現在、ULのグロバルネットワーク活用し、北のULマークのみならず、日本電気用品安全法に基づく安全・EMC認のSマークをはじめ、欧州中国市場向けの製品に必要とされる認マークの適合性評価サービス提供しています。詳細はウェブサイト(UL.com/jp)をご覧ください。UL Japan情報は以下のソーシャルメディアアカウントからもご覧いただけます。

UL Japan Twitter公式アカウントhttps://twitter.com/ul_japan
UL Japan Facebookページhttps://www.facebook.com/UL-Japan-573330289677204/

【ULの概要】ULは、科学活用によって安全、セキュリティ、サステナビリティ(持続可性)における課題を解決し、世界中の人々のために安全な生活/職場環境を推進します。ULマークがもたらす信頼が、先進的製品及び技術の安全な導入を可にします。ULのスタッフ世界をより安全な場所にするという情熱を共有しています。その提供サービスは、試験・検・監・認検証・アドバイザリー/トレーニングサービスなど多岐にわたります。また、安全とサステナビリティに関するソフトウェア・ソリューションを提供することで、これらの活動を支援しています。詳細はウェブサイト(UL.com)をご参照ください。

配信元企業株式会社UL Japan

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ