昨レアル・マドリードからバイエルンに移籍したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、再びマドリードを訪れたようだ。13日付のスペインマルカ』や『アス』が伝えている。

 ハメスは、レアル・マドリード2014年から3シーズンプレー。しかし、しい競争の中で出場機会を十分に確保できなくなり、昨年に2年間のレンタルバイエルンに移籍した。

 レアル・マドリードが翌日にチャンピオンズリーグCL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグパリ・サンジェルマンPSG)を控えた13日。『マルカ』などのスペイン現地は、バイエルンの休みの日を利用してマドリードに戻って来ているハメスの姿をキャッチした。

 この日、姿をキャッチされた場所は、レアル・マドリードと直接関係のある場所ではなく、“アルゼンチン料理レストラン”だった。バイエルンでの同僚のチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルスペイン人DFフアン・ベルナトと共に訪れ、アルゼンチン料理を楽しんでいたそうだ。

 ちなみに、このレストランアトレティコ・マドリード練習場の近くに存在。同クラブアルゼンチン指揮官ディエゴ・シメオネも同じタイミングで入店していたことから、両者が店内で遭遇していた可性もあると、『マルカ』は伝えている。

 食事後メディアの直撃を受けたハメスは、レアル・マドリードに関する質問に対して、「は常にレアルを応援している。明日PSGに勝つことを願っているよ」とコメント。袖を通すユニフォームが変わっても、レアル・マドリードを応援し続けていることを明らかにした。

(記事/Footmedia

現在はバイエルンで活躍するハメス [写真]=TF-Images via Getty Images