チャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦ファーストレグが13日に行われ、ユヴェントスホームトッテナムと対戦し、2−2の引き分けに終わった。

 ユヴェントスに所属するイタリア代表FWフェデリコ・ベルナデスキが、試合終了後にイタリアメディアメディアセット』のインタビューに次のように応えた。

らは強い相手に素晴らしい試合をした。まだ、セカンドレグがある。勝利できるという認識でアウェイに向かう。2−0の後に苦しむのは当然のことだ。(リードしていた時の)あのリズムを維持することは可ではなかった」

「相手のインテンシティー、意欲、そして気持ちの強さに苦しんだ。2−2という結果はふさわしくなかったが、セカンドレグの戦いには自信を持っている」

 セカンドレグ3月7日トッテナムホームで行われる。

セカンドレグの戦いに自信があると語ったベルナルデスキ [写真]=Getty Images