『グロリアの青春』でパウリーナ・ガルシアにベルリン国際映画祭主演女優賞をもたらしたチリの俊英セバスティアン・レリオ監督作『ナチュラルウーマン』が、2月24日より公開される。

 舞台はチリ、サンティアゴ。トランスジェンダーでナイトクラブのシンガー、マリーナは歳の離れたボーイフレンドのオルランドと暮らしていた。しかしマリーナの誕生日を祝った夜、自宅に戻ると突然オルランドの意識が薄れ、亡くなったことで、マリーナは思いもかけないトラブルに巻き込まれていく。それでもマリーナは女性として生きていく権利を胸に、自分らしさを守るための闘いに挑むことを決める。

 本作の音楽はダンス・ミュージック界の鬼才として注目を集めるマシュー・ハーバートが担当している。彼は1972年イギリス生まれ。BCCのサウンドエンジニアを父に持ち、幼少期からピアノとヴァイオリンを学ぶ。名門エセクター大学で演劇を専攻したのち、1995年にウィッシュマウンテン名義で音楽活動をスタートさせ、それ以降、ハーバート、ドクター・ロキット、レディオボーイ、本名のマシュー・ハーバートなど様々な名義を使い分けながら次々に作品を発表している。

 洗濯機やトースター、歯ブラシなど身の回りの物から音をサンプリングし音楽に仕上げるという独特の手法をとっており、これまでにも一頭の豚が誕生して食肉として食べられるまでの音をサンプリングした「ワン・ピッグ」や、裸体の身体から発生する音のみで構築された「A Nude」など、コンセプチュアルな作品を発表している。そのジャンルを越境する冒険的な音作りで支持を集め、ビョーク、REM、ヨーコ・オノなどのプロデュースやリミックスを手掛けており、映画音楽ではこれまで『カフェ・ド・フロール』(2011)などを担当している。

 彼が音楽を担当した本作のサウンドトラック・アルバム『A Fantastic Woman(Original Motion Picture Soundtrack)』は海外のMilan Recordsから1月5日に発売され、Spotifyでも配信が開始されており全曲リスニングが可能だ。ピアノの旋律が美しい曲からダンス・ミュージックまで、多彩な楽曲が収録されている。


◎公開情報
『ナチュラルウーマン』
2018年2月24日(土)より、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー
(c)2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA LELIO Y MAZA LIMITADA

トランスジェンダーのシンガーを描く『ナチュラルウーマン』音楽担当は、鬼才マシュー・ハーバート