グループセブ ジャパンは2月14日、ティファールの衣類スチーマー「アクセススチーム プラス」および「アクセススチーム ライト」を発表した。希望小売価格はアクセススチーム プラスが15,000円(税別)で、アクセススチーム ライトが11,000円(税別)。発売は3月を予定する。

アクセススチーム プラスは、185mLの水タンクを備え、蒸気を放出することで衣類をハンガーにかけたままシワを伸ばせる衣類スチーマー。衣類の除菌やニオイの脱臭、花粉対策にもなるという。スチーム放出量は、ターボモードで毎分平均20gで、業界ナンバー1という(2017年7月Research Institute Textile Care and Cleaning調べ)。少なめにスチームを出すデリケートモード(毎分平均14g)も用意した。

連続使用時間は18分。本体サイズはW130×H283×D141mm、重量は約1,220g(水タンクが空のとき)。コード長は約3m。パッケージには、衣類についた糸くずやほこりなどを取るアタッチメントブラシ、ヘッドカバー、ドアフックが付属する。

アクセススチーム ライトは、重量が925g(水タンクが空のとき)と、アクセススチーム プラスと比べて20%軽量な衣類スチーマー。140mLの水タンクを備え、連続使用可能時間は16分だ。

本体サイズはW111×H258×D141mm。スチーム放出量は、毎分平均15g。コード長は2.4m。パッケージの付属品は、アクセススチーム プラスと同じだ。
(瀬尾俊輔)

画像提供:マイナビニュース