2018年2月14日,Los Angeles Timesほか海外の複数のメディアが報じたところによると,定番カードゲーム「UNO」を展開するアメリカの玩具メーカー・Mattelが,UNOのスピンオフ,あるいは続編となるカードゲーム,その名も「DOS」(スペイン語で“2”にあたるdos“ドス”。UNOは“1”)をリリースするという。価格は5.99ドルで,まずはアメリカの大手ディスカウント百貨店チェーンであるTargetで3月に発売。その後,8月から店舗でも展開していくそうだ。

 ゲームの詳しいルールは判然としないのだが,ベースとなるルールはUNOに近いものとなりつつも,プレイヤーが一度に2枚のカードを捨てていくようなものとなるらしい。この点も含めての“dos”ということだろう(ルールはやはり判然としないが,Mattelの公式Facebookページにムービーが掲載されている)。

 主にゲームのプレイ内容がUNOと十分に異なることを確認するため,このDOSを開発するには2年を要したそうだ。どういった駆け引きを楽しめるゲームとなるのか,実に興味をひかれるところである。発売日を考えると詳細は近いうちに明らかになると思われるので,期待しておこう。

リンク:Mattel公式サイト(英語)


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URL:http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20180214091/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2018 Aetas, Inc. All rights reserved.

「UNO」の次は「DOS」(ドス)。UNOのスピンオフ,あるいは続編となるカードゲームが海外で3月に発売へ