福岡市の高島宗一郎市長は14日、LGBTなど性的少数者のカップルをパートナーとして公的に認証する「パートナーシップ宣誓制度」を18年度から導入すると発表した。同様の制度は全国6自治体が導入しているが、福岡市は同性カップルに限定せず戸籍上は異性のカップルが同性としてパートナーになるケースも想定する。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら