京都大学の方角を向いて受験生の合格を願いながら切ったお肉「究極の縁起カツ」を使用したトンカツ商品2種が、京都の精肉店「お肉のスーパーやまむらや」から発売されています。 さらに、効果があるのかないのかわかりませんが、お会計の時にはレジにて合格祈願のおまけつき。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 お肉のスーパーやまむらやは、京都を中心に展開するお肉屋さん。しかし、時期的イベントごとには何かと乗っかりたがり、毎度「肉」に絡めた強引企画を考案しては話題をふりまいているお肉屋さんです。(過去例:11月22日の「良い夫婦の日」に夫婦でレジ前でチューすると会計最大50%引きなど)

 今回の受験生応援企画もその一つで、2015年にスタートして今年で4回目。店内では昨年に引き続き、全6店舗の天井に京都大学の方角に調整した矢印を設置。そしてその方角を向いて切ったお肉「究極の縁起カツ」を使用した、victoryの頭文字「V」形のトンカツ「ビクトリートンカツ」と、手形をイメージした「合格つかみ取れ!神の手カツ」の2種類の商品を販売しています。

 同社としては、この商品で受験生を応援しつつ、トンカツを食べることでおなかを満たし、より勉学に力を入れる手伝いをしたいと考えているそうです。

 「究極の縁起カツ」使用の「ビクトリートンカツ」「合格をつかみ取れ!神の手カツ」はともに1枚150グラムで、お値段は各税込429円。ちなみにお肉の正体は北海道産ホエイ豚。いずれも3月6日までの期間、全6店舗(天神川本店、山科店、長岡店、亀岡店、宇治店、草津店)で販売されます。

 効果があるかどうかは本当にわかりませんが、トンカツは受験生の間で昔から勝負飯として人気があり、さらに大の大人がここまで本気を出して応援している様から、多少の笑いと元気はもらえるのではないでしょうか。今年の受験シーズンも残りわずか。受験生の皆さん最後まで頑張ってくださいね!

(宮崎美和子)

京大の方角向いて切った「究極の縁起カツ」登場 レジでは合格祈願のおまけつき