2017年9月期に放送され、高視聴率を記録したTBS日曜劇場「陸王」。キャストが顔をえた中で、脇役ながら強存在感を放ったのが、ダイワ食品陸上部の監督城戸を演じた音尾琢真だ。音尾は大泉洋安田顕を擁する演劇ユニットTEAM NACSメンバー。舞台俳優としてキャリアスタートさせた彼だが、今では日本TVドラマ映画に欠かせないバイプレイヤーの一人と言えるだろう。

悪徳刑事・諸星(綾野)のライバルとなる、国吉役も印象的(『日本で一番悪い奴ら』)

そんな音尾が、作品の製作が決定されるたびに出演を熱望する映画監督がいる。それは山田孝之演『悪』(13)や綾野剛演『日本で一番悪いら』(16)などの作品で知られる白石和彌監督だ。実は音尾と白石監督は、北海道旭川西高等学校先輩後輩の間柄。白石監督の『日本で一番悪いら』で主人公ライバル刑事役で出演して以降、17開の日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト作品『たち』のデリヘル店長役を経て、2月17日(土)開の『サニー/32』では、ヤンキー先輩を演じている。

白石作品への出演については音尾から「先輩映画には、役柄関係なく協させてほしい!」と猛アピールをしたそう。後輩からのラブコールに答える形で、白石監督は3作品連続で音尾を起用。さらに5月12日(土)開の白石監督の次回作『孤の血』でもヤクザの組員役に抜している。そんな俳優・音尾の魅について白石監督は「お芝居が上手くバイプレイヤーなのでどんな役でも対応してくれます。今は白石組になくてはならない俳優です」と絶賛のコメントを寄せている。

日本映画界で活躍する先輩後輩コンビが、今後の作品でどんな活躍をしてくれるのか。まずは『サニー/32』での音尾のインパクト大の演技をスクリーンで楽しみたい。(Movie Walker・文/トライワークス)

『サニー/32』で扮する、ヤンキー春樹先輩の役柄に注目!