Pimm'sが、ニューシングルLife is a Game/My Soul(Gekiヤver.)」を2月7日リリースインタビュー第3弾では、英里沙、小林智絵、吉澤菜、川崎優菜、山口紗弥がシングル収録曲、そして今年の標についてってくれた。

【写真を見る】郡司英里沙「『Life is a Game』には、違った過程や内に秘めた思いを抱えてPimm'sに加入してきたけど、みんなここで何かを見つけたっていうメッセージが込められてます」

【Pimm'sメンバーが素顔を暴露し合う!? より続く】

――ニューシングルの表題曲「Life is a Game」は可愛い感じのソロボーカルで始まったかと思いきや、途中からしい曲調に変わるところが印的ですね。

:起伏のしい曲ですね。最初にも言いましたけど、しい曲も可愛い曲もあったPimm'sに、カッコよさやメンバーの秘めた思いもプラスされてます。Brand New VibeさんっていうロックバンドKEIさんが私たちのブログチェックして、Pimm'sイメージして作ってくださったんですよ。今までは何曲かの補曲の中から選ばれてたんですけど、Pimm'sのために曲を書いていただいたのは初めてで。だからこそ、歌詞の中から読み取れる思いが多い。それぞれに違った過程や内に秘めた思いを抱えてPimm'sに加入してきたけど、みんなここで何かを見つけたっていうメッセージが込められてます。

小林メッセージ性が強いから、ライブで歌ってても気持ちが入ります。歌詞の意味を考えながら歌うと、泣いちゃいそうになるくらい。

川崎:Pimm'sのことを考えて作っていただいた曲ではあるんですけど、しも共感できる部分もあると思います。だから、Pimm'sファンでなくても、アイドルファンではなくても聞いていただきたいですね。

:この曲から気になって聞いてくださったという方が多いんですよ。公式YouTubeで見たり、ファミリーマートさんで流れてるのを聞いたり「バズリズム02」(毎週金曜0:59-1:59日本テレビ系ほか)を見てくださった方だったり、Brand New Vibeさんのファンの方だったり。いろんなファンの方が増えましたね。

山口:振り付けには悩みましたね。自分でも一番好きな部分はファンの方と一緒に拳を振り上げられるところで、ライブで歌ってても一体感を感じられてます。

川崎可愛いとかカッコいいとか言われるのもそうだけど、歌詞を聞いて感動したって言われると、人の心を動かすことができたんだって思って嬉しいです。

:回を重ねていくごとにお客さんとの一体感が高まってます。それも単純に振りをマネしてるだけじゃなくて、歌詞を感じながら皆さんも一緒に心から叫んでるっていう感じで。

――そして、もう1曲が「My Soul(Gekiヤver.)」。これまでにも歌ってきた曲のニューバージョンですね。

山口:元の曲の存在が大きすぎて、それをどうやってえようかっていうのは大変でしたね。前の振り付けにしばられちゃって。テンポが速いので、ダンスが苦手なメンバーもいるんですけど、振り入れ間に合うかななんて。

ニューシングルの曲だけでも5曲あって、他にもカバー曲があったりするのに、リリイベまでに全員う日が少なかったり。

吉澤:ギリギリになって、難しいから振りを変えようかなんていう話にまでなって。

山口:前のバージョンの方が好きなんて言われちゃったらどうしようっていう不安もありましたけど、以前よりはスキルも上がっている私たちの進化や成長も見せたいなって思って。間奏にパラパラを入れたりしました。

吉澤:初披露のときはファンの方も予想外だったみたいで「すごーい!」なんて盛り上がってました。

――そんなニューシングルリリースされて、今年の標ですが。

川崎:まだ1月(取材日時点)ですけど、動過ぎて今がいつなのか、明日の予定は何だったのかもよく分からないくらいです。

小林:今年に懸けてます。とにかく今回のシングルは、前作の枚数をえたいですね。

東名阪ツアーも控えてるんですけど、全ソールドアウトしたい。

小林:かなり大きな会場ばかりですけどね。最終日なんてBLITZ(東京マイナビBLITZ赤坂)ですから。

山口:やっぱりライブファンの方あってのものですから。

吉澤:私は今まで家族や周りの人に、自分はこんなことをやってるんだっていうのを堂々と言えないところがあったんですよ。胸をって言えるようになりたいし、周りの人も私のことで胸をれるような存在になりたいです。もっともっと自分に自信を付けたいですね。

※「Life is a Game/My Soul(Gekiヤver.)」は、2月19日オリコンウィークリーチャートで3位を獲得した。(ザテレビジョン

Pimm'sのインタビュー第3弾では、ニューシングル「Life is a Game/My Soul(Gekiヤver.)」や今年の目標について語ってくれた