ギャンブル依存症対策のための基本法案をめぐり、自民党、公明党、日本維新の会、希望の党などは14日、国会内で会合を開いた。与野党は計3本の法案を提出しており、カジノを含む統合型リゾート(IR)の議論を前に、法案の一本化に向けた協議を進める。

 与野党は対策法案の今国会での成立を目指している。この日の会合には立憲民主党、共産党などの一部野党が欠席した。自民党の中谷元・元防衛相は会合後、「できるだけ全党がそろった形を目指したい」と述べた。