第2次大戦中、日本に労務動員され死亡した朝鮮人労働者の追悼碑について、群馬県が設置期間更新を不許可としたのは不当として、碑を建てた市民団体側が処分取り消しなどを求めた訴訟の判決が14日、前橋地裁であった。塩田直也裁判長は「裁量権を逸脱し違法」として処分を取り消した。

 判決によると、碑は2004年、同県高崎市の県立公園「群馬の森」内に、団体側が「政治的行事や管理を行わない」などを条件に建立。日本語やハングルで「記憶 反省 そして友好」などと記されている。県は、団体側が毎年開いている追悼式で、出席者が政治的発言をしたとして、14年7月に更新を不許可とし、撤去を求めた。

 塩田裁判長は、発言があった追悼式は「政治的行事」に該当し、条件違反と認定。ただ、県は原告側が示した式の自粛などの代替案を十分考慮しないまま不許可にしたと指摘し、処分は「社会通念に照らし著しく妥当性を欠く」と述べた。

 大沢正明知事は「判決文を詳細に検討し、対応を考えたい」とのコメントを出した。 

〔写真説明〕「群馬の森」の中に建てられた朝鮮人労働者を追悼する碑=8日、群馬県高崎市

「群馬の森」の中に建てられた朝鮮人労働者を追悼する碑=8日、群馬県高崎市