【元記事をASCII.jpで読む】

 最近は4K解像度に対応した液晶ディスプレーが安価になってきている。とはいえ、依然としてフルHD、いわゆる1920×1080ドットの製品を利用しているユーザーが多い。実際、読者の大半はフルHDの液晶ディスプレーを使用しているのではないだろうか。

 しかし、没入感や臨場感を高めたいと考えている一部のゲーマーにとっては、フルHDで物足りないと感じている人も少なくない。また、PCで映画を視聴することが多い人にとっても、同様の思いをしている人もいることだろう。

 そういった人にとって、魅力的な選択肢となるのが、シネスコサイズの液晶ディスプレーである。日本エイサーは、2016年にシネスコサイズに対応した34型湾曲ウルトラワイドモデル「Predator X34(X34bmiphz)」を発売して注目を集めた。発売からしばらくして売り切れする店が増え、一時期品薄になっているほどの人気だったという。

 その日本エイサーからPredator X34の後継機となる「Predator X34P(X34Pbmiphzx)」が登場した。当然、このPredator X34Pも、その名のとおり前モデルと同じくゲーミング向けとなるPredatorブランドだ。果たして、Predator X34Pは前モデルからどこが変わったのか詳しく見ていきたい。

臨場感と没入感に優れるシネスコサイズ
シネスコサイズと湾曲ディスプレーは親和性抜群

 まずは、シネスコサイズがどういったものなのか簡単に説明しておこう。シネスコとは20世紀フォックスの登録商標である「シネマスコープ」の略で、アスペクト比21:9(正確には2.35:1)の画面を指す。PCやテレビなどで映画を見た際に、画面の上下に黒帯が表示されることがあるが、それはシネスコサイズの映像に黒帯を付けることで、フルHDなどの解像度に合わせているためだ。

 つまり、シネスコサイズのディスプレーであれば、そういった映画が映像のみ画面いっぱいに映し出されるようになるというわけだ。

©2016『貞子 vs 伽椰子』製作委員会

 また、一般的に人間の視界は左右に120°程度と言われており、シネスコサイズはちょうど視界の端から端までが画面で収まるようになる。それゆえ、映画の臨場感が向上し、映画以外でもゲームにおいて没入感が増すというわけだ。

 ただし、ゲームは必ずしも21:9で表示できる訳ではない。対応ゲームはフルサイズで表示されるが、非対応のゲームは左右に黒い部分を残して、16:9で表示される。レースゲームやMOBA、FPSなどは、対応していることが多いが、アドベンチャーゲームや格闘ゲームのほか、古いレトロゲームは21:9で表示できないことも覚えておきたい。

 シネスコサイズと湾曲ディスプレーは非常に親和性が高い。というのも、平面ディスプレーだった場合、画面中央と画面端では距離の差が生じ、どうしても画面端が遠くなってしまう。しかし、湾曲ディスプレーであれば、その距離の差がなくなるため、違和感なく操作ができるようになるというわけだ。

 ディスプレーの湾曲率はスペックにR値として記載されている。たとえば、今回のPredator X34Pは1900Rとなっており、これは曲線半径1900mmの円弧を指す。つまり、R値が高ければ湾曲が緩やかになり、逆に低いと急なカーブとなる。

 次にPredator X34Pの外観をチェックしていこう。まず、注目すべきポイントは、やはりディスプレーの湾曲だ。前述したとおり、Predator X34Pの湾曲ディスプレーのR値は1900Rで、これは前モデルのPredator X34が3800Rだったのに比べると、かなり急なカーブとなっている。実際、両製品を前に座って比べてみると、Predator X34Pは視界の両端を包み込むような感じがする。

 液晶パネルには非光沢、いわゆるノングレアタイプのIPS方式を採用し、解像度は3440×1440ドットに対応。約10億万7000万色を表示し、sRGBカバー率は100%を誇る。コントラスト比も1000:1と高く、その画面はかなり美麗で鮮明だ。視野角は左右178度、上下178度とかなり広く、多少ずれた位置からでも、発色のムラも確認できない。

 また、「ゼロ・フレームデザイン」と呼ばれる細いフレームを採用し、そのデザインはかなりスッキリしている。

 さて、視野角の話といえば、誰しもディスプレーの位置の微調整を日常的に行うはずだ。その際、上下の調整、いわゆるチルトに対応している製品は多く、Predator X34Pも-5~+35°の範囲で調整可能だ。

 ただ、左右方向のスイーベルをサポートしている製品は限られ、実際、前モデルのPredator X34はスイーベルができなかった。しかし、Predator X34Pでは左右に30°のスイーベルを実現しており、位置の微調整が行いやすく、使い勝手に優れている点は評価できるポイントだ。

 ただ、スイーベルに対応したことで、スタンドにその機構が搭載された分、高さは570.7mmとPredator X34から若干高くなった。しかし、高さは130mmの間で調節できるため、それが問題になることはないだろう。

 背面にはアップストリーム用USB 3.0 Type-Bを1基、ダウンストリーム用USB 3.0 Type-Aを4基装備。さらに、映像入力端子としてHDMI 1.4とDisplayPort 1.2を1基ずつ備える。ここで注目したいのは、これら映像入力端子と電源用端子などにカバーが装着されている点。

 ハイエンド向けディスプレーではめずらしくはないものの、前モデルのPredator X34では用意されてはいなかった。細かな点だが、これらの端子を埃などから保護できるように、前モデルから確実に進化している点は評価できよう。

 さて、Predator X34Pの外観について見てきたところで、続いてスペックに迫っていきたい。気になる中間色から別の中間色へと切り替える際に要する時間、いわゆるGray-to-Grayの中間調応答速度は4msと、このクラスとしては十分な速度を実現。実際、Predator X34Pで「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(以下PUBG)をプレイしてみても、まったく違和感はない。

 そして、注目すべきは、リフレッシュレートは最大で120Hzをサポートしている点にある。ここで、最大という表記に疑問を持つ人もいるかもしれないが、Predator X34Pがサポートするリフレッシュレートは、初期状態では105MHzである。

 OSDから「オーバークロック」を有効にすることで、スライドバーで5Hzごとに高めることができ、最大で120Hzに変更できる仕組みだ。ゲームにもよるが、3440×1440ドットでリフレッシュレート120Hzの恩恵を享受するためには、GPUのハードルはかなり高い。もし、NVIDIA SLIなどでGPUに十分なハードウェアスペックがあるのなら、リフレッシュレート120Hzを積極的に活用したいところだ。

 なお、Predator X34PはNVIDIAのディスプレー同期技術「G-SYNC」にも対応しており、対応したグラフィックスボードを利用すればゲーム中におけるティアリングやカク付きを低減することも可能だ。

 さらに、OSDでは「Game Viewモード」にも注目したい。これは、ゲームのジャンルに応じたプリセットで、Predator X34Pでは「アクション」「レース」「スポーツ」の3つが用意されている。これらのプリセットは、主に輝度設定が異なっており、順に輝度50、60、25とレースの輝度が最も高く、その一方でスポーツではかなり抑えられている。

 また、ガンマ補正がレースとスポーツはWindowsの標準である2.2に設定されているのに対して、アクションは「ゲーミング」と異なっており、ゲーミングに特化した設定となっている点も見逃せない。なお、前モデルのPredator X34でもGame Viewモードは用意されていたが、OSDでは「1」「2」「3」と表示されるだけだった。Predator X34Pでは、ゲームジャンルを明記することで、よりわかりやすい操作系になったと言ってよいだろう。

 また、ゲーミング用途以外にも、省電力を図る「ECO」、画像加工など向けとなる「グラフィック」、それに映画を視聴する際の「ムービー」と、用途に合わせたプリセットも備わっている。これらは、輝度が異なっており、標準が80なのに対して、これらのプリセットは順に輝度44、97、77とグラフィックではかなり輝度が高い設定となっている。

 そのほかユニークな機能として、「Dark Boost機能」が挙げられる。これは、ゲームにおいて洞窟や屋内など暗いシーンの視認性を向上させるというもので、OSDからLevel1~3まで設定することが可能だ。また、ブルーライトの低減機能や、ゲームのシーンに応じてコントラストを動的に変更する「適応型コントラスト」といった機能も用意されており、非常に多機能な仕上がりを見せている。

 少し話は前後するが、OSDの操作系も前モデルであるPredator X34から進化した。Predator X34では、液晶パネル右下部に用意されたボタンで操作する一般的なタイプだったのだが、Predator X34Pでは、プッシュボタンに加えてトグルボタンも搭載されている。

 OSDにおける項目の移動や選択などは、このトグルボタンで操作するように変更された。搭載位置も液晶パネル裏側へと移っており、操作性が飛躍的に向上していることは、言うまでもないだろう。

 では、実際にPredator X34Pを使用して、ゲームをプレイしてみたい。まずは、近年根強い人気を誇るバトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(PUBG)の一人称視点「FPSモード」(ゲーム中での表記は「FPP」モード)だ。このFPSモードでは、視野角の設定がデフォルトだと「90」となっているのだが、3440×1440ドットと解像度が高く21:9と横長表示のX34Pの場合は、その設定を変更しなくても2560×1440ドットの筆者自前の16:9の液晶ディスプレーよりも、明らかに視界が広かった。そのため、より左右の様子を察知することができるようになり、これはFPSをプレイするうえで非常に有利だ。

 FPSモードで視野角は「103」まで高めることができるのだが、そこまで設定するとさらに視認できる範囲が広くなる。もちろん、ゲームの有利/不利だけでなく、視界のほぼすべてに広がる世界は、かなり臨場感が高く、いつもと違うゲームをプレイしているのかと錯覚するほどだ。とくに、Predator X34PとPredator X34で比較すると、曲線半径が小さくなったことは、かなり臨場感を高めているように思える。

 さらにレーシングゲームの「Forza Motorsport 7」も試してみた。Forza Motorsport 7には、3440×1440ドットの設定は用意されていないのだが、解像度の設定から「実効ウィンドウ解像度」を選択することで、3440×1440ドットが適用される。

 そのプレイ感だが、Predator X34Pの両端がちょうど視界の両端となり、両横の風景が流れていく様はかなり立体的に感じる。Predator X34Pの曲線半径が、さながら運転席でステアリングを握っているような錯覚を醸し出している。レーシングゲームにおける没入感は、間違いなく高いと断言できる。

使い勝手のよさは申し分なし
グラフィックス製作でも活用できる

 Predator X34Pを実際に使用してみると、使い勝手のよさが目立つ。前モデルのPredator X34からの変更点は、細かいところが多いのだが、それらすべてが使い勝手の向上につながっている点は、かなり評価できる。また、曲線半径を縮めたことは、ゲームや映画などにおいて臨場感を増しており、前モデルとでは没入感おがまるで異なる。

 さらに、ゲームや映画以外にも、画像加工や画像処理においても、横に広い解像度はかなり魅力的なのではないだろうか。しかも、右も左も画面までの距離が変わらないという点は、グラフィックス製作の場面で大きなアドバンテージになるように思える。

 また、Predator X34Pの税別のメーカー想定売価は14万円前後と、Predator X34の発売当初税別15万円前後から若干下がっている点も見逃せない。シネスコサイズの液晶ディスプレーが気になるのであれば、このPredator X34Pはオススメできる1台であることは間違いない。

(提供:Acer)

PUBGで視界が有利に!最大120Hz描画の湾曲34型シネスコ液晶「Predator X34P」レビュー