セキュリティソフトブランドノートン」のサイバー犯罪のトレンドに関する調報告書「ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート」に女優内田理央さんが登場しました。

レポートによると、過去1年間でサイバー犯罪被害にあった人の数は、20で9億7,800万人に上るという。
この説明会では、サイバー犯罪に関する消費者の意識調の結果などの説明が行われました。

イベントでは内田理央さんが「インスタ映えの前にセキュリティ映え!だーりお流セキュリティ術」と題したトークショーを開催。
デジタルライフを楽しむ 内田理央さんが、普段かインターネットSNSを使う際に気をつけている「セキュリティ術」について、ノートンとともにりました。