香港3月は、各地でアートイベントが行われ、芸術に触れるのに最適な1ヵ間となる。このアートに満ちた「香港アートマンス」では、際的にレベルの高いアートイベント世界の舞台芸術プログラム、地元のコミュニティによるユニークなアートなど、様々な芸術香港に集結する。

国際的なアートイベントの数々が香港で開催

香港アートマンス」のキックオフイベントとなるのは、2月23日)から始まる『香港術節(Hong Kong Arts Festival (HKAF))』だ。今年で46回を迎えるHKAFでは、3月24日(土)までの約1ヵ香港内外から1,700人をえるアーティスト130演を行う。

今年は、アメリカン・バレエシアターの『ホイップクリーム』、英国国立劇場の『中にに起こった奇妙な事件』、ウェールズナショナルオペラによるドビュッシーの『ペレアスとメリザンド』といった有名作品の演が予定されている。

公式サイトhttps://www.hk.artsfestival.org/en/

また、3月27日(火)から4月1日(日)までは、『アート・セントラ香港』が、香港・セントラルのハーバーフロントイベントスペースで行われる。今年で4回を迎える本イベントでは、初参加の30ギャラリーを含む100以上の海外ギャラリーが参加。そのうち、75以上がアジアシフィックからの参加となり、過去最大のスケールインタラティブ展示、パフォーマンス、パネルディスカッションを含む様々なイベントが開催される。

公式サイトhttp://artcentralhongkong.com/

「第5回アート・バーゼル香港」(2017)の様子  (c)Art Basel

「第5回アート・バーゼル香港」(2017)の様子 (c)Art Basel

さらに、世界的に有名な際アートフェア『第6回アート・バーゼル香港』が、3月29日(木)から3月31日(土)まで、香港コンベンション&エキシビションセンターで行われる。32と地域から248ギャラリーが参加、そのうち28ギャラリーは、アジアシフィック、ヨーロッパおよびアメリカからの初参加。20世紀前半の近代美術の傑作から最新の現代美術まで、ベテランおよび新進気鋭のアーティストによる作品を紹介する。

公式サイトhttps://www.artbasel.com/hong-kong

ローカル地区の味わい深いアート

「HK Urban Canvas」

HK Urban Canvas

「HK Urban Canvas」

HK Urban Canvas

下町情緒が漂うローカルで行われる本格的で刺的なアートイベントは、まさに宝の山。香港で最も歴史あるのひとつである九の深埗(シャムスイポー)は、今回の「香港アートマンス」の注すべき場所のひとつだ。香港青年術協会の催するコミュニティアートプロジェクトHK Urban Canvas」は、地元の有能アーティスト学生が協し、深埗とその近隣にある各商店のシャッターに、店の歴史物語るような10のアートを制作3月下旬から4月上旬の週末には、そのアートや地域をめぐる無料ガイツアー中国語)が開催される。

Pekin Fine Arts (Hong Kong) Aniwar Mamat

Pekin Fine Arts (Hong Kong) Aniwar Mamat

また、「第6回アート・バーゼル香港」に訪れたら、坑(ウォンチュクハン)のギャラリーホッピングも楽しみたい。坑を含む香港の南側は2016年末にMTR南港線が開通したこともあり、香港のアートハブとして発展している。3月29日(木)には、「South Island Art Day」が開催され、本地区の16のアートギャラリーやアートスタジオを解放、様々なエキシビションやパフォーマンスが催される。

そして、新界にある工業ビルの狭間にも、いまだ知られていない今後注のアート地区、火炭(フォータン)が。2000年以降、地域の賃が手ごろになり、工業地帯から活気ある芸術的へと変貌をとげてきた。陶芸、彫刻、中国書画から現代アートまで、常に興味深い作品を見ることができる。また、3月31日(土)には、「Fotan Open Studios」が開催され、地元のアーティストによるワークショップ等が行われる。

ほかにも、見逃せないイベント目白押しの「香港アートマンス」。詳細は、香港政府観光局のホームページチェックしよう。

「第5回アート・バーゼル香港」(2017)の様子 (c)Art Basel