【藤本敏史/モデルプレス=2月14日】お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史が14日、都内で行われたイベントに出演。妻でモデルの木下優樹菜からのバレンタインサプライズに胸を躍らせた。

【さらに写真を見る】木下優樹菜がスクリーンに登場

イベントでは、藤本は、相方の原西孝幸、太田博久(ジャングルポケット)、大地洋輔(ダイノジ)、佐藤哲夫(パンクブーブー)と共に登壇し、ファッションモデルとしてランウェイでウォーキングを披露。

トークが始まると、サプライズで木下からのビデオメッセージが大スクリーンに映し出された。VTRの中の木下は「今日はうちのダンナがお世話になっています」とあいさつ。木下が「お仕事、頑張ってる~?」と声を掛けると、藤本は「頑張ってるよ!」と声を弾ませた。

木下は「お仕事を遅くまで、毎日頑張っているので、今日はバレンタインということで、優樹菜からダーリンへ、ラブの詰まったプレゼントを贈ります。他の皆さんにも用意しているので、ぜひ、受け取ってください」とメッセージ。藤本をはじめ登壇者たちに木下からのサプライズチョコがプレゼントされた。

藤本は「今日、さっきまで一緒に行くところがあったのですが、『今日、バレンタインだけど、チョコレートはいらないでしょ』と言われたんですよ」とサプライズに驚きながら、笑顔を弾けさせた。

バレンタインデー当日の夜の予定を尋ねられると、藤本は「1週間前くらいに娘と嫁さんが『パパに作ろうか』と言うのが、隣の部屋から聞こえてきたというのはあります。手作りのチョコレートの何かがあるのではないですか」とにんまり。ビデオメッセージの木下はおしゃれに両手をポケットに入れていたが、藤本は「でも、今日の感じでなんか、……なさそう。気分で変わる人たちなので」とポツリ。周りのメンバーたちは「サプライズのVTRのコメントでも、ずっとポケットに手を突っ込んで」とツッコミを入れ、太田も思わず「ヤンキーでしたね」とポツリ。一連のやり取りが笑いを誘った。

◆近藤千尋からのバレンタインは?

太田は2015年にモデルの近藤千尋と結婚し、昨年5月に第1子となる長女が誕生。MCから「昨年、お子さんが生まれて」と祝福されると、太田は「ありがとうございます。娘が生まれまして」と笑顔で「9か月です。すごいですよ。もう、つかまり立ちなんかし始めて」と家庭の様子を紹介した。

バレンタインデーの予定を尋ねられると、太田は「『買ってきたよ、これを渡すから』というものがずっと家に置いてあります。食べようとしても、『バレンタインの日に食べて』と」と近藤とのエピソードを披露。続けて「ブルガリのやつを。今すごい人気の、ブルガリのカフェでしか食べられないチョコレートがあるらしいのですけど」と詳細を説明した。藤本が「嫁さん、儲けているから、やはり、渡すチョコレートも違うわ」と感心すると、太田は「それは本当に。僕なんかよりもぜんぜん収入が高いですから!」と激しく同意。藤本が「……やめよう、そういう話は」と告げると、会場が笑いに包まれた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】
藤本敏史 (C)モデルプレス