菅義偉官房長官は14日の記者会見で、平昌冬季五輪のスノーボード男子ハーフパイプで平野歩夢選手が銀メダルを獲得したことについて、「本当に素晴らしい演技だった。限りなく金メダルに近かったのではないか」と賛辞を贈った。