【元記事をASCII.jpで読む】

 アイ・オー・データ機器は2月14日、ゲーミング液晶ディスプレー「GigaCrysta(ギガクリスタ)シリーズ」の新製品として、WQHD解像度に対応した23.8型ワイド液晶ディスプレー「LCD-GCQ241XDB」を発表した。出荷予定は2月末。想定売価は4万2984円。

 見る位置や角度による色やコントラストの変化が少なく、視野角が上下左右178度のADS(Advanced super Dimension Switch)パネルを採用している。コントラストは1000:1。通常時の応答速度は14ms(GTG)だがオーバードライブ機能を使用すれば5ms(GTG)まで速くできる。

 ゲームを快適に楽しむため設計面では、高さや角度を好みに合わせて調整できるスタンドやフラットなフレームレスパネルを採用。また、入力切り換えやゲームのジャンルに合わせたモードの選択に便利なリモコンも付いている。コンテンツに適した設定もプリセットしてあり、簡単にゲームに合わせた映像の質に変えられるという。

 サイズはスタンドを付けた状態で幅541×奥行き231×高さ426~536mm、インターフェースはHDMIポートが3基、DisplayPortは1基を揃える。

4万円台 WQHD対応した23.8型ゲーミングディスプレー