の応援団をバックに自己ベストマーク、11位フリー進出

 平昌五輪は14日、フィギュアスケートのペアショートプロラム(SP)で注を集めていた北朝鮮のリョム・テオク、キム・ジュシク組が自己ベスト更新する69.40点をマークし、11位で上位16チームが進めるフリーに進出。地元の韓国メディアも「リョム・テオク、キム・ジュシク組、キャリア最高のオリンピックでペアフリー進出!」と速報している。

 の大応援団の援をバックに躍動した。ビートルズの「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」に合わせ、女子のリョムは堂々とした演技を披露。男子のキム・ジュシクと動きもしっかりとシンクロさせ、丁寧な演技を見せた。初の五輪で初の演技。それでも、臆することなく演じ切った。

 表情には大舞台でスケートができる幸せと喜びが溢れているようだった。5日に江陵入りしてから一度も公式練習を休まず、練習に励んできたという2人。その成果を如何なく発揮してみせた。

 出場の可否の段階から話題を集めてきた注ぶりを示すように、韓国スポーツ「MKスポーツ」は「リョム・テオク、キム・ジュシク組、キャリア最高のオリンピックでペアフリーへ!」と速報。「リョム・テオク、キム・ジュシク組は今年1月の四大陸選手権で銅メダルを獲得したときに出した自己ベスト65.25点を更新する自己最高得点を記録した」と伝えている。

2017アジア大会のペア銅メダルリストでもある。 2016-17シーズンにはアジアスケート連盟(ASU)選手権に該当するアジアン・オープンを制覇している」とキャリアも紹介しており、関心は高いようだ。まずは順調に第一歩を踏み出した2人。15日のフリーではどんな演技を見せてくれるのか。韓国も高い注をもって見つめている。(THE ANSWER編集部)

リョム・テオク、キム・ジュシク【写真:Getty Images】