ゆきゆきて、神軍』などで強キャラクターを撮って来た原一男監督の新作ドキュメンタリー映画ニッポンVS石綿村』が3月10日から東京ユーロスペースなどで開される。

最高裁責任を認めさせた「アスベスト訴訟」の原告団に8年以上密着し、複雑な感情の機微を記録した215分だ。

2月13日、都内の日本員協会で会見があり、原監督は「(これまでの被写体と違い)『ごく普通の人』と私たちが呼んでいる人にカメラを向けて、いかに面エンターテインメントドキュメンタリーが撮れるかに意識がかなり向いていました」とった。

制作中、21人が亡くなった

映画主人公は、アスベスト石綿)工場が多くあった大阪南地域の元工場労働者や家族ら。石綿健康被害を知りながら、経済成長を優先させたとして、責任を問う裁判を起こした。当時も工場労働者の地位は高くなく、原告団には地方出身や朝鮮半島ルーツを持つ人もいた。

裁判が始まった2006年から撮影を始め、責任を認めた2014年最高裁判決や、2015年1月崎恭久厚労相(当時)の南謝罪訪問などを収めている。制作中、肺がんなどで亡くなった原告は21人になるという。

大臣の謝罪パフォーマンスに「感動した」の、原監督「怒りが込み上げて来た」

映画では、が原告団と正面から向き合うことを避ける姿が描かれている。たとえば、田村久厚労相(当時)との直接面会をめ、原告団が21日間にわたって、厚労省で官僚と対峙する2014年5〜6月シーン厚労省からは若手官僚が1〜2人出席するだけで、大臣どころか担当部局の役人すら出て来ない。

監督は「か一人ぐらい『じゃあ、が説明してくるよ』という上がいるかと期待していたが、最後まで出て来なかった。『これは見事だ』と思ってカメラを回していました」とチクリ

一方、こんなあしらわれ方をしたのに、同年10月最高裁判決が出て、崎厚労相(当時)が謝罪すると原告団からは「大臣を信頼している」「感動した」といったが上がる。

霹靂で、『うそーっ』という気持ちで、怒りが込み上げて来た。大好きな人たちだけど、『言っちゃいけないでしょ、その一言は』と思って、カメラを回していました」

を相手に立ち上がった原告たちの怒りは、裁判制度の中に押し込められ、長い闘争の中で抑えられていく。映像からは、そんな原告たちへの敬意やもどかしさ、怒り、おしさが感じられる。

日本の民衆と言われる人たちの『功罪』を描いてみようと意識のうちに考えたんだろうなと、映画を作り終えた今思っています」

監督は微笑みを浮かべつつ、「普通の人、生活者、庶民と言われる人たちの『人のよさ』を憎みます。それがメッセージです、この映画の」と話していた。

次回作は俣病「2018年中に仕上げる」

監督は今作と並行して、10年以上、熊本県俣病の取材をしているという。「2018年中に仕上げてみせると、固く自分に言い聞かせています」ともった。

弁護士ドットコムニュース

原一男監督の最新作「泉南アスベスト訴訟」 原告団に「怒りが込み上げて来た」瞬間