俳優の風間俊介が、放送中の大河ドラマ「西郷どん」に新キャストとして出演することが発表された。意外にもこれが大河ドラマ初出演という風間は、14日に都内で行われた会見の場で、喜びに彩られた撮影の毎日を報告した。

 巧みな戦術と実行力で徳川幕府を倒し、近代国家を作り上げた西郷隆盛(鈴木亮平)の激動の生涯を描いた今作。風間は、西郷と深い友情をはぐくむ福井藩士・橋本佐内を演じる。

 風間は「日々、初めての大河が『西郷どん』で良かったと感じながら撮影しています」と充実した表情。鈴木については「撮影が過酷で、みんなが疲れたときに、一番大変な亮平くんが吉之助スマイルでなごませている」と明かすと、「現場にすてきな空気が流れているのは亮平くん(そのもの)の空気だなと思うし、それが画面にも出ていると思います」と語った。

 そして、「西郷さんが亡くなったときに、懐に佐内からの手紙があったという話もあり、2人の間に友情やたくさんの思いがあっただろうけど、そこを描いた物語をあまり見たことがない」と話すと、「チャンスをいただいたので、僕と亮平くんの中で出す、『これが2人の絆だ』というものを皆さんに伝えられたらいいな」と力を込めた。

 この日は、最後の将軍となる一橋(徳川)慶喜役の松田翔太も登壇。劇中、鈴木、松田、風間の3人は息の合ったトリオぶりを披露しいていることから、撮影時のエピソードを求められると、風間は「3人で並んで歩くと、主人公がいて、力持ちの大男がいて、頭脳(明晰)の小っちゃい者がいるみたいな物語の黄金比率みたいなものを感じて面白い」と楽しそうにコメント。すると鈴木は「全くその通りですね。デコボコトリオで動いています」と賛同。松田も「何か知らないけど、僕が(次期将軍なので)リーダーみたいな感じになっている」と説明し、「かわいらしい2人に囲まれて僕は幸せです」と笑顔を見せていた。

 そのほか、泉ピン子、石橋蓮司、内田有紀、柄本明、遠藤憲一、玉山鉄二、近藤春菜(ハリセンボン)、津田寛治、秋山菜津子、斎藤嘉樹、里アンナ、木内みどり、高橋努、近藤芳正、谷田歩、大島蓉子、町田啓太、国広富之の出演が発表された。(取材・錦怜那)

大河ドラマ「西郷どん」は総合午後8時、BSプレミアム午後1時5分より放送中(全47回)

風間俊介、大河ドラマ初出演!