13日、「毒舌サバサバ女VS女子アナ」をテーマに放送された『踊るさんま御殿』(日本テレビ系)に女性芸人・青木さやか(44)が出演。女子アナに噛みついて持論を展開し、大きな反響が起きている。

(画像は青木さやか公式Instagramからのスクリーンショット)

■冴えわたる青木の毒舌

「女子アナウンサ―を目指していた」過去もある青木は、この日も「毒舌サバサバ女」として女子アナと対決の姿勢を崩さない。

「世の中の人、全員が自分のことを知っていると思って話す女性」に怒りを露わにする青木。

現在、人気沸騰中のテレビ金沢・馬場ももこ(26)アナが自身の「ラーメン好き」を前提にトークを展開すると、「ラーメン好きも知らないし、あなたのことを知らない。今日の今日まで」と噛みついた。

■飲み会論を熱弁

女子アナとよく飲みに行く青木は、「女子アナの人は『自分の仕事だから』と飲み物を注文したり、料理を取り分ける。あえて、やらせてあげている」、自身も「取り分けたいがグッと我慢している」と主張する。

友近(44)も「何もしない心遣いもある」と賛同。しかし、フリーアナウンサーの平井理央(35)が「『やりたい』と言ってくれれば譲る」と反論すると、これに青木がヒートアップ。

「私たちは絶対に(飲み会で)動いちゃいけない。でも、女としての心遣いがこっちの方がある。分からないと思うわ、だって(女子アナは)会社に守られているんだもの」と怒りをぶつけた。

■視聴者に反響

青木の発言に視聴者は賛同の声をあげている。

青木の発言は多くの賛同を得ていたが、中には否定的な意見もあった。

■青木らしさに賛否

この日、かつての輝きを取り戻したような活躍をみせた青木には、「面白い」「怖い」など、賞賛と批判が入り混じる結果に。

■約7割が「気遣いアピールに違和感」

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,354名を対象に調査したところ、約7割が「気遣いアピールする人って、どうかと思う」と回答している。

(©ニュースサイトしらべぇ)

「気遣いアピール」に対して否定的な意見が主流だったが、アピールだとわかっていても「女性の気遣い」に弱い男性が多いのも事実。青木が主張する「あえてやらない心遣い」まで気づく男性は少ないだろう。

・合わせて読みたい→青木さやかが離婚した原因を告白 その理由に疑問の声も

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1354名(有効回答数)

青木さやかvs女子アナがバトル 青木の「飲み会であえて何もしない心遣い」に反響