安倍首相は14日の衆院予算委員会で、ペンス米副大統領が米紙に「北朝鮮が望めば、われわれは対話する」と語ったことに関し、「ペンス氏は『話し合いに対する報酬はない』と表明した」と指摘した。そのうえで「日米間にはサプライズはないと確認している」と語り、対北朝鮮対応で日米が結束していることを強調した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=国会内で2018年2月14日午後2時2分、川田雅浩撮影