平昌五輪のノルディック複合個人ノーマルヒルは14日、エースで4大会連続出場の渡部暁斗が前半飛躍3位から、後半距離(約10キロ)で巻き返し、ソチ五輪に続き2大会連続の銀メダルを獲得した。優勝はエリック・フレンツェル(ドイツ)、3位はルーカス・クラプファー(オーストリア)だった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

複合個人ノーマルヒルの前半飛躍で3位につけた渡部暁斗=アルペンシア・ジャンプセンターで2018年2月14日、宮間俊樹撮影