R・L・スティーヴンソンの小説ジキル博士ハイド氏』が原作人気ミュージカルジキル&ハイドが、2018年3月3日から東京などで上演される。医師として理想を追求するも、分裂する人格を制御しきれず、欲望の狭間で深く苛まれるというジキルハイド役を石丸幹二が3度演で挑む。複雑な思いを胸にハイド氏の暴な人格に心惹かれるルーシー役を玲奈ジキル氏の婚約者であり一途に彼をする可憐な姿が切ないエマ役を宮澤エマがそれぞれ初めて演じる。稽古中盤の2月中旬、都内の稽古場を見学した。

『ジキル&ハイド』の稽古の様子

ジキル&ハイド』の稽古の様子

午後3時過ぎ。稽古場では第一幕第三場、セント・ジュード病院での理事会の場面の稽古が始まっていた。石丸が演じるジキルが、病院の最高理事会で長年研究を続けてきた「人間の善と悪を分離する」の人体実験許可を得ようとする。精コントロールを失ったを救うため、そして人類の幸せ科学の発展にも寄与できるとジキルは確信するものの、上流階級の面々が集う理事会で、ジキルの要は採決により一方的に却下されてしまうという緊感のあるシーンだ。

ジキルの婚約者のエマであるダンヴァース・カルー卿役の福井一が、芝居の「間」について言及し、演出と俳優議論を交わす場面も。感情をどのように表現すればいいのか、どのような動きが一番伝わるのか。丁寧に作り上げている印があった。

『ジキル&ハイド』の稽古の様子

ジキル&ハイド』の稽古の様子

『ジキル&ハイド』の稽古の様子

ジキル&ハイド』の稽古の様子

続いて、ジキル弁護士で友人でもあるガブリエルジョン・アターソン役の田代万里生と石丸が歌う楽曲「真実を追えば」など。二人の役柄の親しい関係性がよく滲み出ている芝居で、好感が持てた。過去のアターソンを演じた俳優べると、16年の時の石川や、12年の時の吉野よりも相当若々しく見える田代。それがどんな効果を発揮し、どんな新生アターソンを見せてくれるのか。製作発表時にっていた「今までの『ジキル&ハイド』の伝統を引き継ぎつつ、新しいアターソンを生み出せたら」とっていた田代に期待したい。

『ジキル&ハイド』の稽古の様子

ジキル&ハイド』の稽古の様子

『ジキル&ハイド』の稽古の様子

ジキル&ハイド』の稽古の様子

『ジキル&ハイド』の稽古の様子

ジキル&ハイド』の稽古の様子

第四場では婚約パーティーシーンをやり込んだ。ジキルエマデュエット曲「ありのまま」。石丸宮澤の高い歌唱で魅せてくれた。なんとも美しい場面なのだが、二人が「気持ちよく」「歌いながら」抱き合うためにはどうしたらいいのかという研究が始まる。肩に手を回すタイミングや寄り添う度などを20分ほどあれこれ試していた。ここでも丁寧に計算しながら作品を作る様子が垣間見えた。

『ジキル&ハイド』の稽古の様子

ジキル&ハイド』の稽古の様子

『ジキル&ハイド』の稽古の様子

ジキル&ハイド』の稽古の様子

午後6時半過ぎ。第五場のパブ「どん底」の場面。ジキルルーシーの出会いを描いている重要な場面だ。2012年2016年の再演ではエマ役で出演し、今作からルーシー役を演じる本。製作発表では「エマをやっていた頃の自分をすっかり忘れてしまいました」などとっていたが、今回は確かにすでにエマのような雰囲気は良い意味で感じなかった。今作が妊娠出産後の復帰作となるが、堂々の貫と妖艶さを放っていた。役にのめり込んでいる拠だろう。

『ジキル&ハイド』の稽古の様子

ジキル&ハイド』の稽古の様子

『ジキル&ハイド』の稽古の様子

ジキル&ハイド』の稽古の様子

およそ4時間の稽古場見学。小休憩を2回挟んだだけで、あとは濃密な稽古が展開されていた。石丸SPICEのインタビューで「きっともこれまでとは違ったアプローチになるだろうし、どの再演とも違った作品になるだろうね。筆や絵の具が変わるように、人が変わると舞台の仕上がりも変わるから」とっていた。そんな今回の新しい『ジキル&ハイド』の全体像をく劇場で確かめたいと思う。

『ジキル&ハイド』の稽古の様子

ジキル&ハイド』の稽古の様子

『ジキル&ハイド』の稽古の様子

ジキル&ハイド』の稽古の様子

取材・文・撮影=五月女菜穂

【関連記事】
石丸幹二×笹本玲奈インタビュー まったく新しい『ジキル&ハイド』になる!
石丸幹二「ネガティブな部分を演じることが快感」~ミュージカル『ジキル&ハイド』製作発表記者会見

 
ミュージカルジキルハイド

■日程:2018年3月3日(土)~18日(日)
■会場:東京国際フォーラム ホール
音楽フランクワイルドホーン 
■脚本・詞:レスリー・ブリカッス 
■演出:山田和也 
■上演台本・詞:高哲郎
■出演:石丸幹二、 玲奈宮澤エマ田代万里生、 畠中洋、 花王おさむ福井一 ほか
■料(全席定・税込):S席13,000円、 A席9,000円、 B席4,500円
公式サイトhttp://www.tohostage.com/j-h/

『ジキル&ハイド』の稽古の様子