福岡管区気象台は14日、九州北部・山口地方に春一番が吹いたと発表した。春一番は立春から春分までの間に最初に吹く南寄りの風で昨年より2日早い。福岡管区気象台によると、14日は低気圧が日本海を東に進み、南寄りの暖かい風が流れ込んだ。各地で最高気温が3月上旬から下旬並みとなった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら