品川プリンスホテル ステラボールにてロングラン演中のパフォーミングアーツPanasonic presents WA!! –Wonder Japan Experience-フエルサ ブルータ』に女優ソニンが来場。その圧倒的なパフォーマンスと驚くべき舞台装置の数々に「めちゃくちゃ楽しかった!」と、大きな笑顔を見せた。

アルゼンチンクリエイター日本インスパイアされ創作したファンタジー作品である本演は、『WA』がテーマ日本の“和”、驚きの“わっ”、つながりを表す“輪”など、様々な意味がこめられている。

近年、人気舞台作品への出演で注を集めるソニンが、世界が認めるパフォーマンス集団「フエルサ ブルータ」の演で何を感じとったのか。彼女自身の言葉を交えて、演の内容を紐解いていく。


 

“新感覚”のエンタメに「自分も参加している気分」

「観たことのないような舞台装置や、パフォーマーの線でみると“すごい! あれどうなっているんだろう?”と、驚く仕掛けがいっぱいあって、驚きとともにパフォーマーの方の身体にも驚きましたね。」

女優として数々の舞台へ出演するソニンならではのパフォーマー視点から観るフエルサは、驚きの連続。“観たことのない舞台装置”というのも、まさにその通りでPanasonic presents WA!! –Wonder Japan Experience-フエルサ ブルータ』には、世界初披露の「ウインドトンネル」という巨大装置が設置されている。

ウィントンネル」は、透明の膜で覆われた密閉間で、パフォーマーがこの密閉間で踊り、宙り状態になっていく。間の左側には6千本のパイプ、右側には巨大なファンがあり、を利用してストロー空気を吸い上げるようにスモークが流れていく仕掛けだ。着物をまとった“ゲイシャ(芸者)”が宙り状態で踊るなんてが想像できただろうか。

「『かっこいいー!」って、本当に純に思いました。」と素直にパフォーマーを褒めていたソニンだが、本演に出演するパフォーマーは、なんと名の新人キャストたち。「フエルサ ブルータ」の芸術監督であるディキ・ジェイムズ氏は、日本演を開催するにあたり、本場アルゼンチンキャストのみでなく、オーディションを実施し日本人キャストを出演させることを考えていたという。


 

みんなで楽しめる内容に「友だちと一緒にまた来たい」

「(来場するなら)一人じゃない方がイイですね。一緒に騒ぎたい友だちとか、人とかと一緒に行くと、めちゃくちゃ楽しいと思います。私、友だちと一緒にまた来たいと思いました。思いっきり騒げる友だちと行くと、より楽しいんじゃないかな。」

会場である品川プリンスホテル ステラボールといえば、アーティストライブアイドルコンサートなどを幅広くおこなってきた場所である。そんなステラボール演を行うに当たり、開催前には会場の大改造があったそう。大がかりな舞台装置を設置するためというのも理由のひとつだが、なんといっても本演のパフォーマンスの場が、ステージだけじゃないからというのが大きな理由だろう。

ステージの上で太鼓を叩き鳴らすこともあれば、客席に大きなランニングマシーンがあらわれたり、天井からをはったプールが降りてきたり。なんなら、客席の頭上からシャワーのように大量の放出され、パフォーマーが来場者と共に上フライングしたりもする。

「そういうのも、最初はもしかしたら、ためらう人もいるのかもしれないけど、多分終わったころには、『うわー楽しかったー』、『いじられてよかったー』、『濡れてよかったー』、『踊ってよかったー』って思うと思います。記念になると思います。」

“記念になる”という言葉の通り、本演は上演中の写真撮影がOK。パフォーマンスの模様をアーティスティックに撮るもよし、楽しんでいる友人や人・家族写真を撮るもよしの修学旅行的に楽しめるイベントなのだ。自撮り棒の持ち込みも可なので、皆で一緒にInstagramTwitterなどのSNS投稿する記念写真を撮るのも良いかもしれない。

「これは来ないと分からない楽しみですね。これは味わわないと損するんじゃないかな……って思いますね。もう一回来たいです。あと2、3回くらいは(笑)。色んな友だち連れて、誘って来たいと思います。」

ひとりではなかなか思い切って飛び込めない未知の世界ではあるが、仲間と一緒なら“その場のノリ”でを浴びに行くことも、パフォーマーと一緒に踊ることも、両手をあげて「ワーーッ!!」と大を出すこともあるだろう。ソニンは、“このメンバーならコレがしたい”、“この日だったらアレに挑戦したい”など、一緒に参加する友人たちに合ったプランをすでに考えているのかもしれない。

いくつもの演目に「すごすぎる!」

70分間の演では、数々の演が息をつく間もなく展開される。ソニンのお気に入りの演は、「テチョモビル」と呼ばれる“ニンジャ”が登場するもの。男性ニンジャが床から天井に向かって伸びる筒状の洞のなかを上から下へ降りていく演なのだが、洞の下部からは巨大ファンによってが流れており、ニンジャは逆に抵抗しながら進んでいくため浮いているように見えるのだ。

「あれ絶対苦しいよな……と思いながら、パフォーマーの人が体をって必死になってやっている姿がすごすぎる!と思いました。」

テチョモビル

テチョモビル

そのほかにも、フエルサ ブルータの名物とも言えるプールや、青森ねぶた祭りオマージュした巨大やぐらなど、興味深い演が多数盛り込まれているPanasonic presents WA!! –Wonder Japan Experience-フエルサ ブルータ』。

つつましやかな日本人にとっては、確かに「どう反応すれば……」と思える内容が多く盛り込まれている。しかしその反面で、終演後に頭上からのをモロに被ってビショビショに濡れた人、“ニンジャ忍者)”と一緒に上に飛び立ち「恥ずかしかった~」と言いながらも満足そうに笑う人を見ると、「あぁ、自分もやっておけばよかった」となんだか負けたような気持ちになったりもする。だからこそ、本演は楽しんだもの勝ちなのだ。


 
Panasonic presents WA!! - Wonder Japan Experience-
エルサブルー


■会場:品川プリンスホテル ステラボール

■最後の割りキャンペーン
:フロア・ムーブアラウンド 期間有効引換券 4,350円
演:3月2日)~4月27日)の全
販売期間:1月25日(木)12:00~2月25日(日)
※限定数なので売り切れの場合はご容赦ください。 
※千楽を含めた最後の1週間は割対ではありません。 

■前売り:演前日まで割引購入できるチケット
○フロア・ムーブアラウンド 5,800円
VIPラウンジシートシャンパン付) 15,000円
VIPラウンジシート 12,500円

U-25:25歳以下であることが確認できる身分引換券口で提示
○フロア・ムーブアラウンド 3,980円
※各演限定50

■当日料演当日にインターネット、会場で販売
○フロア・ムーブアラウンド 8,700円
VIPラウンジシートシャンパン付) 16,500円
VIPラウンジシート 14,000円

オフシャルサイト http://www.FBW.jp