佐賀県神埼市の民家に陸自ヘリが墜落した事故で、陸自は14日、「メインローターヘッド」は新品ではなく、中古品だったと訂正した。これまでは直前の整備で新品と交換されたと説明してきたが、その後の調査で別の機体で使われた際に不具合が出た後、修理したものと判明。陸自は「修理と事故の関係は不明」としている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

墜落したAH64D戦闘ヘリの構造