神奈川県平塚市の認可外保育所で2015年12月、生後4カ月の男児に暴行を加えて死亡させたとして傷害致死罪に問われた元保育士、角田悠輔被告(36)に対し、横浜地裁は14日、懲役10年の判決を言い渡した。深沢茂之裁判長は「無罪主張する被告の供述は不自然、不合理で信用できない」と退けた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら