札幌市東区の自立支援関連施設「そしあるハイム」で11人が死亡した火災で、北海道警札幌東署は14日、身元不明だった最後の遺体について、DNA型鑑定などの結果、入居者の湯浅隆之さん(66)と確認したと発表した。これにより火災で死亡した11人全員の身元が判明した。

 また、火災があったそしあるハイムの1階物置に保管されていた灯油入りポリタンクの個数は、55個(計990リットル)だったと判明。施設から届け出はなく、消防局は市火災予防条例に違反するとして、同社に対し文書指導を行った。