福岡県行橋市発注の工事を受注したゼネコンが2013年、特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)への地元対策費(みかじめ料)を含む4270万円を脅し取られた事件で、ゼネコン側が被害回復給付金支給制度に基づいて800万円の支給を求めて福岡地検に申請した。地検が14日、明らかにした。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら