夢枕獏による原作チェンカイコー監督映画化した『空海―KU-KAI― 美しき王妃の』(2月24日開)の「“幻術”バレンタイン試写会」が2月14日東京国際フォーラムで開催され、染谷将太阿部寛が登壇。“幻術”が物語の鍵を握ることにちなみ、染谷イリュージョンにチャレンジ身長189cm阿部を宙に浮かせてみせた。

【写真を見る】宙に浮き、緊張の面持ちの阿部寛

本作は若き僧侶空海が、唐の都・長安を揺るがす怪事件に幻術を駆使して挑む姿を描くエンタインメント大作。染谷空海を、阿部倍仲麻呂を演じた。

劇中では、幻術使いが虎や変身して宙を舞うという幻想的なシーンも登場することから、この日は染谷が“幻術”に挑戦することに。染谷は「さっきからソワソワしているんです」とトーク中も緊しきりで、「無茶振りっていうのはこういうこと」と苦笑い。阿部は「空海ですからね。きっと素晴らしいものをやってくれる」といじりつつ、「失敗したらおもしろいな」とニヤリ染谷と会場の笑いを誘った。

まずは粒を入れ、蓋をした染谷。「空海!」とおまじないをかけると、の中のお米がおせんべい変身。「おせんべい空海さんが中国から持って帰ってきたものと言われています。せんべい空海」と緊しながらも、ダジャレを交えて1つの幻術を成功させた。

さらにを注いだコップを浮かせたり、一輪をどんどん増やしたりと、「ちょっとテンパっています!」と言いつつも、染谷は次々と幻術にトライ。クライマックスとして、「阿部さんを浮かせたいと思います」と宣言して、会場を驚かせた。

あぐらをかいた状態で椅子に座った阿部に、染谷ハンドパワーを注入。少しフラフラと不安定になる一幕もあったが、見事に浮遊を成功させた。会場からも拍手が起こっていたが、阿部は「ちょっとヒヤヒヤした。助手の方がもっとを入れてくれないと。落ちるかと思った」とぶっちゃけ、これには染谷も大爆笑だった。

世界巨匠のもと、中国での撮影を経験した2人。染谷は「初体験だらけでした。監督が本物を作りたいという思いを貫いて、6年かけて東京ドーム8個分のセットを作った。そこで時間をかけて撮影をした。贅沢な時間」と充実の表情。阿部は「堂々と役をやっていた」と中国で奮闘した染谷を称えていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

染谷将太、身長189cmの阿部寛を浮かす!