平昌五輪のスピードスケート女子1000メートルが14日行われ、日本選手団の主将で今季世界記録を樹立した小平奈緒が1分13秒82で銀、1500メートル銀メダリストの高木美帆が1分13秒98で銅を獲得した。優勝は五輪レコードの1分13秒56を記録したヨリン・テルモルス(オランダ)だった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

スピードスケート女子1000メートルで滑走する小平奈緒=江陵オーバルで2018年2月14日、佐々木順一撮影