氷上競技の会場がある江陵では14日午後、強風が吹き荒れた。江陵五輪公園では、売店の簡易テントがあちこちで倒れていた。大会組織委員会は一時的に同公園内の活動を全面的に中止。観客にも近くの会場に入って安全の確保を促すなどした。この日、五輪公園付近午後4時から瞬間風速16メートル台の風が記録された。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

強風が吹き荒れる江陵アイスアリーナ前のセキュリティーゲートで、テントが飛ばされないように押さえるスタッフ=韓国・江陵で2018年2月14日午後3時26分、手塚耕一郎撮影