平昌冬季五輪は14日、日本のアイスホッケー女子が、韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」を4-1で降し、この五輪で初勝利を挙げた。「統一旗」を手に韓国、北朝鮮の応援団が声を張り上げた一方、観戦した日本人からは合同チームがスポーツの政治利用になったことへの批判が漏れた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら