日本郵政が14日発表した2017年4~12月期連結決算は、純利益が前年同期比26.5%増の3752億円だった。4~12月期では3年ぶりの増益。稼ぎ頭のゆうちょ銀行の業績が堅調に推移した上、日本郵便の持ち直しも寄与した。売上高に相当する経常収益は2.5%減の9兆7360億円で、民営化後では最低となった。