スピードスケートは14日、女子1000メートルが行われ、世界記録保持者の小平奈緒(相沢病院)が1分13秒82で銀メダルを獲得した。高木美帆(日体大助手)は1分13秒98で銅メダル。

 高木美は女子1500メートルの銀に続いてのメダルで、冬季五輪の一つの大会で日本女子がメダルを複数獲得したのは初となった。女子1000メートルで日本勢が表彰台に立つのも初めて。

 ヨリン・テルモルス(オランダ)が1分13秒56の五輪新記録で金メダル。郷亜里砂(イヨテツク)は13位だった。 

〔写真説明〕スピードスケート女子1000メートルを終え、日の丸を掲げる3位の高木美帆(右)と2位の小平奈緒=14日、韓国・江陵

スピードスケート女子1000メートルを終え、日の丸を掲げる3位の高木美帆(右)と2位の小平奈緒=14日、韓国・江陵