初回から粗だらけのストーリーにウンザリしていたものの、1話完結でなくなった前回から、ちょっと面くなってきたKAT-TUN亀梨和也演『FINAL CUT』(関西テレビ制作フジテレビ系)。13日放送の第6話の均視聴率は、前回より微増の6.8ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

 放送後には毎回、無料動画サイトGYAO!」で5分程度のスピンオフドラマを配信。前回は、恭子(裕木奈江)が12年前に主人公・慶介(高校時:細田佳央太)についた“2つの”について描かれましたが、その1つが焼きうどんの中に主人公の苦手なピーマンばせるって……。さらに、主人公が「ピーマンやられた」ってメモ残して、それを見たが「フフフ」って……。しかもこれ、主人公高校3年生のときのエピソードって……。小学生エピソードやないかーい!!

 それに、高3の回想シーンなら、あんなに顔の似てない俳優使わずに、いけたんじゃ……。と、ずっとモヤモヤしていたことを吐き出したところで、第6話のあらすじ振り返ります。

※これまでのレビューはこちら
http://www.cyzo.com/tag/FINAL-CUT

■マスコミに追い詰められて精神崩壊

 小悪魔料理研究みちる今野杏南)が自宅のキッチンで殺される事件が発生。第一発見者である同棲していた彼氏・矢口中村倫也)を怪しんだワイショー『ザ・プレミアワイド』のスタッフたちは、大慌てで取材へ向かいます。

 このときに映るディレクター水野美紀)のケータイの待ち受け画面が、会社の自分のペン立てなんですが、気持ちが理解できなさすぎて、なんか怖い! 今後、崎を見るたびに「会社のペン立てを待ち受けにする女……」というイメージが過ぎりそうです。

 そんな中、慶介()の自宅前に、びしょ濡れの矢口が。いわく、慶介が運営する報道被害者のための救済サイトMP.info.net」のIPアドレスから住所を割り出したんだとか。矢口マスコミに追われて精的に追い詰められた揚げ句、洗中にを乗り捨て、慶介のもとへやってきたんだそうです。

 大事な人に先立たれた矢口と自分を重ね合わせた慶介は、矢口のことを信じると決めるも、なぜか翌矢口がどこかへ逃亡。さらに、話しかけてきた警察官を突き飛ばしたため、公務執行妨害指名手配されてしまいます。主人公の自宅を訪れて事情を散々説明した揚げ句、勝手に姿を消してくれるなんて、なんてドラマの都合のいいように動いてくれるキャラなのでしょう!

■すぐ自分の正体を言っちゃう主人公

 矢口指名手配されたことを知り、高田署長(佐々木蔵之介)に「捜に加わらせてください」と申し出る慶介。さらに、警察官でありながら、「MP.info.net」を運営していることをあっさりと打ち明けたため、案の定高田から疑念を抱かれてしまいました。この主人公、なんでいっつも自分の正体をすぐ人に言っちゃうの? アホなの? なんなの?

 そうこうしていると、矢口があっさり逮捕され、慶介が勤める新宿中央署に護送されてきます。しかし、『ザ・プレミアワイド』のカリスマ会者・々瀬(藤木直人)の示で、現場にいた小池ディレクター遣都)が矢口みちるラブラブ写真矢口に見せ付けたため、錯乱した矢口が「うあーーー!」と警察官をなぎ倒しながら道路へ。そこへが突っ込んできますが、慶介が間一で助けます。

 この一件で、これまで脅迫を繰り返してきた慶介が警察官であることが々瀬などにバレ、第6話は終了です。

■主人公がアホに見える

 これまでの散々たる詰めの甘さにより、窮地に陥りそうな慶介ですが、そもそも復讐や真犯人を突き止めるための計画らしい計画なんてあったのか……、ああ、第1話から第5話で、主人公が何をしようとしていたのか、さっぱりわからない……。

 まず、善意で「MP.info.net」を運営しているのか、『ザ・プレミアワイド』の情報を収集する的で運営しているのか、一向に曖昧……。復讐相手にすぐに自分の正体をしゃべっちゃうし(泣きながら)……。現時点で何ひとつ進展していないし……。現時点では“要領の悪いかっこつけマン”にしか見えません!

 なお、来週は平昌五輪の番組でお休みですが、27日放送の第7話は、なんと“20分拡大SP”だとか。この視聴率で20分も拡大するのですから、後半でかなり壮大なストーリーが待っているということでしょう! 期待していいんですよね? ね?
(文=どらまっ子TAMOちゃん)