脈ナシか脈アリか、早い段階で判断できれば、効率よく恋愛ができるはず。男性がとる行動のなかで、どんな行動が脈ナシなのか、世の男性の意見をのぞいてみましょう。

メールや電話の内容が薄い

「あんまり興味ない子には、やっぱりメールや電話は自分からはしないかな。興味ない子からメールがきたときは、無意識にそっけない返事とかしちゃってる。普段からあんまり頻繁に連絡しないタイプだけど、興味ないと余計に連絡減るよね……」(会社員/29歳)

連絡を取り合うことは、大切なコミュニケーションのひとつ。知り合ったばかりのころは、丁寧に返信してくれていたのに、だんだん男性の返信内容が薄くなったと感じたことはありませんか?

普段からあまり多く連絡を取らない男性も多くいます。そんな男性でも、知り合ったばかりのころは頑張って積極的に連絡をしてくれることもあるみたいです。だんだん慣れてくるとメールや電話の頻度が減ることもあるようですが、需要なのはその内容。きちんとあなたの言ったことに対して返事をくれているかどうかが、脈ナシかどうか見極めるためのポイントです。

連絡を取り合う頻度が減っても、内容が充実していれば脈アリの可能性もあります。

自分の話ばかり

「興味ない子の前では、つい自分の話ばっかりしちゃってるかも。だって、興味ないから知りたいことも特にないかなって。デートで自分の話をするだけしたら、サッと帰ろうかなとか思ってる。」(美容師/31歳)

興味を持っている女性には仕事やプライベートに関する質問をして、深く知りたいと思っている男性がほとんどです。せっかくのデートでも、あなたに質問を投げかけてこず、自分の話ばかりしている男性は、あなたに興味がない可能性大。

脈ナシの場合は、その場を乗り切るためにとりあえず自分の話をしているという男性もいます。自分の話だけであれば、タイミングを見計らってデートを早く切り上げられると考えている男性もいるみたい。

会うときはいつも大人数

「2人きりで会って、好意があるって勘違いされたくないから、好きじゃない子とは2人きりで食事とかに行かないようにしています。大勢誘えば会話にも困らないし、程よい距離感を保てるから好都合!」(営業/33歳)

2人きりで会うことで、より近くで多くの会話を楽しむことができますが、大人数だとそうはいきません。大人数でのシチュエーションは、自然と気になっている男性との距離が生まれてしまいます。なかには、大勢で集まることで新たな出会いを期待している男性も少なくありません。

2人きりで会う機会は多いけれど、たまに大人数で集まる機会があった場合は、自分の友人にあなたを紹介したいと思っていることもあります。その場合、脈アリの可能性もあるでしょう。

気になる男性の行動には要注意

ちょっとした行動に気持ちが現れることもあります。自分への態度が誠実で、興味を持ってくれているかどうかをしっかり見極めましょう。脈アリか脈ナシか早めに見極めることが、幸せをより早くつかむ方法のひとつです。

(愛カツ編集部)