スポーツブランド「MIZUNO(ミズノ)」は、スニーカーショップ「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」と初のコラボモデル「WAVE RIDER 1 “NO BORDER”(ウエーブライダー1 ノーボーダー)」を発売。カラーはブルー、ホワイト、グレー、イエローの4色展開で、価格は1万7800円(税別)。取り扱い店舗は「mita sneakers」(上野)と「BEAMS JAPAN」(新宿)です。

20180213_y-koba7 (4)

ミズノは、日本語の“家族”から命名されたグローバルプロジェクト「KAZOKU (カゾク)」を2018年に始動。これは未来に向けて新しい価値を創造していきたいという想いを元に起ち上げられたもので、本プロジェクトのトップバッターとして、国井 栄之 (クニイ シゲユキ)がクリエイティブディレクターを務める世界的にも有名なスニーカーショップ、ミタスニーカーズとのコラボが実現しました。

20180213_y-koba7 (5)

今回発売されたコラボレートモデル「WAVE RIDER 1 “NO BORDER”」は、ミズノとミタスニーカーズそれぞれのメインフィールドである「陸上競技場」と「アスファルト」をボーダレスにすることをコンセプトにデザインされており、1997年に革新的なソールテクノロジー「MIZUNO WAVE(ミズノ ウエーブ)」を搭載したランニングシューズとして登場した「WAVE RIDER(ウエーブライ ダー)」をベースにしています。

 

アッパーには、陸上競技場のブルーランニングトラックや一般道に設置されている交通標識からインスパイアされたブルーを配し、通気性に優れたナイロンメッシュや上質なスウェード、光沢感のあるパテントレザー、そして夜間の視認性を向上させるリフレクター(反射材)の素材を採用しています。

20180213_y-koba7 (7)

つま先には、ブルーランニングトラックに引かれている分割線や車道の区画線から着想を得たホワイトラインでシームを跨いでプリント。さらに、アスファルトをイメージしたミッドソールにはグレーベースに斑点模様を施しています。

20180213_y-koba7 (6)

また今モデルのアイコニックな機能の「WAVE PLATE(ウエーブプレート)」は昼夜別の表情を魅せる「GLOW IN THE DARK(グローインザダーク)」に仕上げるなど、コラボならではの魅力が詰まっています。さらにインソールにはそれぞれのロゴマークとミタスニーカーズのアイコンである「CHAIN LINK FENCE(金綱)」柄と「東京改」の文字を配し、オフィシャルコラボである証が記されています。気になった人は、ぜひチェックしてみてください。

岡山が生んだ奇跡! 自称美容系ユーチューバー・まあたそが話題キャプション