モーリス・ルブランの小説怪盗アルセーヌ・ルパンシリーズ原作とした森田崇「怪盗ルパンアバンチュリエ」のkindle版が刊行開始された。

【大きな画像をもっと見る】

怪盗ルパンアバンチュリエ」は、トリックに凝った劇的なスタイルと義賊的行いで世間を騒がす、怪盗アルセーヌ・ルパンの活躍を描く物語イブニング(講談社)にて連載された「『怪盗紳士』篇」「『金髪婦人』篇」計5冊、ヒーローズヒーローズ)にて連載された「『妃の宝冠』篇」、「『ユダヤランプ』篇」「『奇』篇」計5冊が刊行されている。

怪盗ルパンアバンチュリエ」のプロモーションおよびアルセーヌ・ルパン関連のコンテンツを盛り上げるべく、森田を中心に立ち上げた団体「エギーユ・クルーズ」の活動「ルパン帝国再誕計画」の第1弾としてリリースされたこのKindle版は、森田自身が再編集したもの。現在1~3巻が配信中で、2月18日に4、5巻、2月25日に6巻、3月4日に7巻、3月11日に8~10巻が順次リリースされる。なお1巻は3月末まで99円で配信。

今後「エギーユ・クルーズ」では、ミステリマガジン早川書房)とのタイアップや・旅行会社と提携した「アルセーヌ・ルパン聖地巡礼ツアー」、「アルセーヌ・ルパン研究本」の製作などが予定されている。

「ルパン帝国再誕計画」告知画像。