天皇、皇后両陛下は14日夜、東京都中央区銀座の歌舞伎座を訪れ、松本幸四郎家の親子孫3代同時襲名披露公演を鑑賞された。

 37年ぶりとなる3代同時襲名を披露する「壽三代歌舞伎賑」の「口上」で二代目松本白鸚さんは、前回も両陛下(当時皇太子ご夫妻)が観覧したことに触れ、「感無量の思いが致します」と述べた。天皇陛下は、代表としてあいさつをした十代目松本幸四郎さんに「襲名披露はどれくらい続くの」と尋ねた上で、「体に気を付けて」と声を掛けたという。