平昌五輪第6日の14日、スピードスケート女子1000メートルで、小平奈緒(31)が銀メダルを獲得した。高木美帆(23)も銅メダルを手にした。ノルディック複合個人ノーマルヒルでは渡部暁斗(29)が銀メダルを獲得した。スノーボードの男子ハーフパイプでも平野歩夢(19)が2大会続けての銀メダルに輝いた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

女子1000メートルを滑り終え、日の丸を手に会場の歓声に応える2位の小平奈緒(右)と3位の高木美帆=江陵オーバルで2018年2月14日午後8時15分、手塚耕一郎撮影