自動車大手の労働組合は14日、2018年春闘の要求書を経営側に提出した。賃金水準を底上げするベアに相当する賃金改善分として3000円を要求。ただ、海外市場で需要の伸びが鈍化するなど先行きには不透明感もあり大幅な賃上げ実現は見通せず、安倍首相が経済界に要請した「3%の賃上げ」の行方が注目される。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

主な大手企業労組の要求状況