韓国政府は14日、平昌冬季五輪のため訪韓した北朝鮮芸術団と応援団ら約420人分の宿泊費などとして、「南北協力基金」から計約29億ウォン(約3億円)の拠出を決定した。国際大会に出場した北朝鮮への便宜供与額としては過去最高。統一省によると、五輪の大会入場料が高額のため、拠出額の規模も膨らんだという。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

開会式を前に、統一旗を手に歌う北朝鮮の応援団=韓国・平昌五輪スタジアムで2018年2月9日、手塚耕一郎撮影