女優の佐々木希さんが2月14日、親友で女優の大政絢さんと本格的なパン作りに挑む様子をInstagramで公開しました。バレンタインデーにチョコではなく“手作りパン”という写真をチョイスした佐々木さんに「マジかよ!! ちょっと鉄板買ってくる」「パンとなって焼かれたい」「なんという、美女パン工房」など喜びの声が相次いでいます。

【画像:パン頬張る佐々木さん】

 主演を務める4月スタートのドラマ「デイジー・ラック」(NHK)の役作りのため、大政さんの知り合いのパン屋でパン作りに励んだ佐々木さん。プロの指導の下、丁寧にパンをこねたり楽しそうに成形したり、パン種を天板に乗せて無邪気にほほえんだりしながらパンを作っていく様子を複数の写真で紹介しました。

 2人の“手作り”というだけで既にプレミアムなパンですが、本人は「プロが作るのパンの作り方は難しい」(原文ママ)と本格的なパン作りの大変さも感じた様子。それでも店主からは「形もそれぞれ個性個性」と温かなフォローをもらいつつ焼き上がったパンを前にすると「この焼き立ての香り…そしてお味…幸福感」と満ち満ちた気持ちになったようです。

 かねて大親友として知られる佐々木さんと大政さん。着用しているおそろいの青いエプロンも示し合わせたわけではなく、共通の友人からそれぞれ贈られたものを2人とも持参してくるあうんの呼吸感。大政さんのInstagramでも焼き上がったパンを頬張る佐々木さんの姿などが投稿されており、キュートな2ショットにハートを射抜かれる人が続出しています。

パンが何倍もおいしそうに見えるマジック発動(画像は佐々木希Instagramから)