内閣府が14日発表した2017年10~12月期の国内総生産(GDP)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.1%増、この状況が1年間続いた場合の年率換算で0.5%増と8四半期連続のプラスとなった。ただ世界的な株価下落など金融市場に不透明感が出始めており、景気の先行きは楽観できない。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

実質GDP増減率の特徴